ゲーム評価サイト GAMEMAN


 PSP  AIR【概要】


戻る
概 要   
【Amazonより】
夏はどこまでも続いていく。 青く広がる大気の下で。 彼女が待つ、その大気の下で。



PC版で大ヒットし、その後DC、PS2へと移植され共に大ヒット記録。
2005年には、TBS系列放送のTVアニメや、東映アニメーション制作の劇場版も公開された大人気恋愛アドベンチャーゲーム。
親子の愛をテーマに描いた感動の物語が、新たな機能を満載してPSPに登場します!



■ メモリーディスク機能で快適プレイ!
メモリースティック上に、アクセス頻度の高いゲームデータの一部を転送し、メモリーディスクとして使用する事でUMDへのアクセスを減少。
従来のPSPソフトでは実現できなかった快適なプレイが可能になりました!
なお、メモリーディスク機能を使用しない場合でも、通常速度でのプレイが可能です。

■ 音声は完全フルボイス!
音声は主人公「国崎往人」を含め、完全フルボイス仕様となりました。名優達の演技が輝きます!

■ ゲーム画面キャプチャー機能付き!
ゲーム中のあらゆるシーンをメモリースティックに保存できます。
保存した画像は、PSPのホームメニューの壁紙などにお使いいただけます。

<プロローグ>



その町には夏が訪れていた。
バス停の前で人形を操るひとりの青年。その周りには子供が二人だけ。
観客の興味を引くには、青年の芸は退屈すぎた。子供たちは興味を失い、その場を走り去った。

青年は旅のひと。彼の道連れはふたつ。手を触れずとも歩き出す、古ぼけた人形。
「力」を持つ者に課せられた、はるか遠い約束。

そんな彼に、話しかけるひとりの少女。
人なつっこく、無邪気に笑う。彼女との出会いをきっかけに、この土地での暮らしが始まる。

夏の情景に包まれて、穏やかに流れる日々。
陽射しの中で繰り返される、少女たちとの出会い。
夏はどこまでも続いていく。
青く広がる空の下で。

彼女が待つ、その大気の下で。

<キャラクター紹介>

■ 国崎 往人(くにさき ゆきと) CV:緑川光

手を触れもせず人形を動かす不思議な大道芸で、路銀を稼ぎながら旅を続けている青年。
バス代が尽きて立ち寄った小さな田舎町で、思いもかけずに足止めを食らう。
物言いはかなり尊大。

■ 神尾 観鈴(かみお みすず) CV:川上とも子

舞台となる田舎町の学校に通う女の子。商売道具である人形を無くして困っている往人と出会う。
母親の晴子と二人、一軒家で暮らしている。
そこに居候する事になった往人は、彼女がいつも一人でいる事に気がつく…。

■ 霧島 佳乃(きりしま かの) CV:岡本麻見

町で古くから開業している診療所の次女。いつも黄色いバンダナを手首に巻いている。
両親はすでに他界しており、現在は医者である姉と二人暮らし。
謎の生物「ポテト」とは親友。

■ 遠野 美凪(とおの みなぎ) CV:柚木涼香

長身美麗な少女。
感情を表に出さない性格の上に、かなりマイペースなトークのため、底知れない印象を周囲に与えている。
学校では天文部に所属。

■ みちる CV:田村ゆかり

いつも駅で美凪と遊んでいる元気いっぱいの少女。
往人に会うなり「誘拐魔」と断定し、その後数多の戦いを繰り広げる事になる。
美凪に教えてもらったシャボン玉遊びが大好き。

■ 霧島 聖(きりしま ひじり) CV:冬馬由美

佳乃の姉で、診療所の医師。
キャリアは浅いが医者としての腕は悪くない。
妹に対しては「超」が付くほどの過保護で、極端な行動に走ることも少なくない。

■ 神尾 晴子(かみお はるこ) CV:久川綾

お酒が大好きな観鈴の母親。
学生の観鈴とは生活時間がまるで合わず、すれ違いの毎日を過ごしている。
▲先頭へ

戻る
[0]TOP
[4]DS [5]PSP [1]Wii [2]PS2 [3]PS3 [6]Xbox360[7]3DS
[8]ゲーム検索
[9]サイトマップ

(c) GAMEMAN(ゲームマン)